鼻水などのウイルス感染予防にもタミフルは効果的

インフルエンザウイルスに感染すると潜伏期間が数日あり発症しますが、潜伏期間は風邪のような症状が出るのが特徴です。鼻水や咳など風邪と似ている症状なので気付かずに外出や出勤をしてさらに感染させてしまうことも多いようです。インフルエンザウイルスは飛沫感染なので咳はとくに危険です。また、鼻水についても手などに付けば感染の原因となりかねません。そのため、インフルエンザウイルスが流行っているときに風邪の症状が出てしまったら数日間は少なくともマスクをして他に感染させない用に注意すべきです。また、会社でも風邪のような鼻水や咳などをしている方がいたらうがいや手洗いを徹底して自己防衛した方が良いです。ウイルス感染予防ではうがいと手洗いが特に大事です。インフルエンザウイルスは飛沫感染なので肉体的な接触だけではなく、ウイルス感染予防が重要です。感染したかもしれない場合はマスクをする、近くに感染者がいそうならウイルス感染予防でうがい手洗いを徹底することが重要です。また、予防については予防接種が基本ですが、タミフルを利用するのも効果的と言われています。タミフルは感染者がインフルエンザウイルスの増殖を抑えるために利用するものと考えられていますが、インフルエンザウイルスの増殖を抑えるのは潜伏期間でも有効であり、タミフルを飲むことでインフルエンザのひどい症状を引き起こさずに済む事例も多数あるようです。ただし、タミフルは医師の処方がないともらえませんが、個人輸入が可能な薬ですのでしっかりした輸入先から購入してインフルエンザの流行に対応すると言う方も少なくありませんが、タミフルはインフルエンザのAにしか効果が出ていないとも言われており、万能ではないので注意が必要です。