タミフルは人人感染を防ぎますが死亡事故もあるので注意

タミフルはインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ薬です。そのため、インフルエンザになったらとにかく早く飲むことが大事と言われています。しかし、タミフルには副作用が確認されており、さまざまな問題が生じています。タミフルの副作用としては悪夢を見るとか、暴れてしまうとか確認が難しい副作用からだるさなどの体調に関わるもの、そして死亡例もあります。ただし、死亡例についてはタミフルと断定はできないのですが、タミフルを未成年、特に中学生以下に飲ませる場合には死亡の恐れも高くなると考えられており、側で観察することが望ましいと言われています。タミフルの副作用はありますが、インフルエンザウイルスへの有効な対策であることは代わりがありません。人人感染も防ぐ事ができる唯一の薬とも言われています。タミフルと同様な薬にリレンザがあります。リレンザは幼児期の子供には服用させられませんが、タミフルが効かないインフルエンザウイルスの型にはとても有効です。また、人人感染を防ぐ意味もあります。インフルエンザの人人感染で恐ろしいのは感染元が少数であっても広がりが大きいことです。特に感染して発症後、しばらくして症状が落ち着いたところで一気にインフルエンザが体内から外に出ようとします。そのため、熱が下がっても数日は外出を控える必要があります。インフルエンザは飛沫感染なため、湿度が低い場合は特に遠くまで飛んでしまいます。家族でインフルエンザにかかった場合には加湿器を利用して湿度を上げ、ウイルスが動きにくくする必要があり、また、手洗い、ウガイを気をつけて多めにすることで体内にインフルエンザウイルスを入れないようにする必要があります。