インフルエンザ感染経路、空気感染とタミフル早期服用

インフルエンザ感染経路として目立つものは、空気感染です。これは空気中のウイルスを呼吸により吸い込んでしまうものですが、その多くは飛沫感染によると考えられています。
空気感染の一種である飛沫感染は、ウイルスの保菌者のくしゃみや咳によって飛ばされたウイルスが、空気中に蔓延するものです。インフルエンザのウイルスは、大気中で一定期間生存することができます。そして、一回の保菌者の咳でも、数十万個にも及ぶウイルスが飛散されるので、急速に感染が進んでしまうのです。
そして、空気感染の特徴としては、狭い空間では気温と湿度が低い場合では、ウイルスが生存しやすい環境となるため、感染する確率も上昇してしまうという問題点が見られます。その結果、インフルエンザ感染経路としては、空気感染が多いことが知られており、幾つかの予防法が考案されています。
インフルエンザ感染経路が空気感染であることから、ウイルスが流行している時期には室内の換気や湿度の維持などが感染予防には不可欠です。また、インフルエンザの予防法としては、タミフルも効果があります。
インフルエンザの治療薬としてタミフルは大変知名度の高い薬です。しかし、この医薬品はインフルエンザを発症し、四十八時間以内に服用する事で、インフルエンザに伴う症状を軽くする事も出来る薬です。そのため、素早い対応が早期の回復につながることから、タミフルはインフルエンザの治療だけではなく、症状の重症化の防止にも役立てられています。
さらに、タミフルの優れた特徴としては、複数のインフルエンザのウイルスの型に対応出来る点で、流行する可能性の高いウイルスも網羅している事から、大変有効性のある医薬品です。